-IMAGA-《いまんが〜これだけは知っていけ〜》

★東方神起の活動に関する情報や記事、及び、関連すると考えられる訴訟問題、
所属社などについての情報や記事

★コメント書き込みはできません

-IMAGA-《いまんが》



【お願い】面倒でもニュース記事のアドレスをクリックして元記事に飛んでください
閲覧数をUPすることが応援に繋がります(日本ファンができる応援の一つです)

★当サイトはリンクフリーです、記事・コメント等を持ち出す時は出処を記載してください★





[8411] [韓国記事] SMの2017年、サード打ち破る理想的バランス“新旧の調和” Name:運営者 Date:2017/01/07(土) 22:50 [ RES ]


★ビギでも可能な韓国記事応援★

@ 元記事に飛んで閲覧数UP
A Twitter・Facebook等でシェアしてSNSポイントUP
B 「いいね」(親指上)で記事推奨
C 残せる時はコメント
D 良いコメントに「いいね」
(※記事により出来ることは違います)

---------------------

ツイートで東方神起の応援⇒


SMの2017年、サード打ち破る理想的バランス“新旧の調和”

http://star.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=103147

2017年01月07日07:01/SPOTV STAR [シム・ジェゴル記者]

SMエンターテインメントが今年のラインアップに理想的なバランスを整えることになった。 強力なEXOにベテラングループが戻ってきて末っ子NCTの飛翔が考えられている。

東方神起のユノ・ユノ、チェガン・チャンミンは今年転役を控えている。 スーパージュニアが戻ってくる。 シンドンとソンミンに続き、シウォン、ドンへ、ウニョクも今年除隊する。

一番先にユノ・ユノが4月20日、チェガン・チャンミンは8月18日、軍服を脱する。 最大限の空白を減らすため、入隊時期を合わせただけに、転役と同時にニューアルバム作業に入る。

スーパージュニアはリョウクが入隊し、キュヒョンが入隊を控えているが、骨組みメンバーたちが大挙して帰ってきて舞台復帰時期が近づいている。 ウニョクが7月12日、ドンへは7月14日、シウォンは8月18日に満期除隊する。 東方神起と同様に下半期には旺盛な活動が期待される部分だ。

二つのグループは双方とも日本と中華圏で高い人気を得てきただけに国内外で熱い活躍が予想される。

SMエンターテインメントは、ガールズグループ少女時代の10周年アルバム、新記録製造機EXOは正規アルバムは4枚連続100万枚突破という大記録に挑戦する。

また、末っ子NCTの急浮上も期待を集めている。 ソウルチームNCT 127は新年が始まるやいなや錨を上げた。 2枚目のミニアルバムのタイトル曲『무한적아(無限的我)』で華麗なパフォーマンスを全面に押し出した。 2012年にデビューしたEXOも翌年『ウルロン』で潜在力を花咲かせただけに、NCT 127も非凡な一年を送るという覚悟だ。

SMエンターテインメントは、昨年下半期、中国発のサードリスクに呻吟した。 EXOとSHINeeが3四半期を日本だけで53万の観客を集め奮戦し、子会社SM C&Cが前年比20倍の営業利益を得るがグループレベルでは営業利益が30%ほど減少した。しかし、今年は中国リスクも克服できるほど強大な年次別黄金比を持つようになった。