《いまんが》   これだけは知っていけ

★東方神起の活動に関する情報や記事、及び、関連すると考えられる訴訟問題、
所属社などについての情報や記事を運営者が掲載いたします

★コメント書き込みはできません

―IMAGA―いまんが/이만가



【お願い】面倒でもニュース記事のアドレスをクリックして元記事に飛んでください
閲覧数をUPすることが応援に繋がります(日本ファンができる応援の一つです)

★当サイトはリンクフリーです、記事・コメント等を持ち出す時は出処を記載してください★




[8429] [韓国記事] ユノ・ユノファン、誕生日迎え貧民街住民たちに生活必需品伝達 Name:運営者 Date:2017/02/06(月) 21:43 [ RES ]


★ビギでも可能な韓国記事応援★

@ 元記事に飛んで閲覧数UP
A Twitter・Facebook等でシェアしてSNSポイントUP
B 「いいね」(親指上)で記事推奨
C 残せる時はコメント
D 良いコメントに「いいね」
(※記事により出来ることは違います)

---------------------

ツイートで東方神起の応援⇒


ユノ・ユノファン、誕生日迎え貧民街住民たちに生活必需品伝達

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201702060953360310

2017-02-06 09:58/NEWSEN [キム・ミョンミ記者]

ユノ・ユノのファンたちがスターの誕生日を迎え暖かい善行を行った。

ユノ・ユノのファンクラブであるDCインサイドのユノ・ユノ・ギャラリーは、ユノ・ユノの誕生日である2月6日を記念し、ソウル社会福祉共同募金会(会長・ユン・ヨンソク)、以下ソウル愛の実)に、ラーメンやガスボンベを寄付した。 寄付したラーメン1,000個とガスボンベ1,820個は南大門地域の相談センターを通じ貧民街住民に支援する。

南大門地域の相談センター関係者は、“景気不況で毎年後援が減り、最近になって後援が途絶え困難がさらに強まってきた”、“生活必需品は大きな力になる”と感謝の気持ちを表した。

寄付に参加したDCインサイドのユノ・ユノ・ギャラリー側は、“芸能人が好きな心を元に社会に有益な仕事をする行動が成熟したファン文化を形成できるものと考え、寄付活動を続けている。 ファンたちの善行を集めてさらに多くの隣人を助けることができるようにこれからも寄付を継続する計画だ”と所感を伝えた。

チェ・ウンスク ソウル愛の実事務所長は、“ファンの方の心暖かい寄付で社会の貧しい方達が必ず必要な生活必需品を受けることができるだろう”とし、“寄託された物品がよく使われることができるように愛の実が最善を尽くす”と伝えた。

DCインサイドのユノ・ユノ・ギャラリーは、去る2013年に700万ウォン相当の米260包(10kg)を寄付して、ホームレスらを支援しており、2014年には900万ウォン相当の米175包(20kg)を寄付した。

一方、ユノ・ユノは現在26師団機械化歩兵師団で服務中で、今年4月20日に除隊する。