《いまんが》   これだけは知っていけ

★東方神起の活動に関する情報や記事、及び、関連すると考えられる訴訟問題、
所属社などについての情報や記事を運営者が掲載いたします

★コメント書き込みはできません

―IMAGA―いまんが/이만가



【お願い】面倒でもニュース記事のアドレスをクリックして元記事に飛んでください
閲覧数をUPすることが応援に繋がります(日本ファンができる応援の一つです)

★当サイトはリンクフリーです、記事・コメント等を持ち出す時は出処を記載してください★




[8548] [対談] 東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか Name:運営者 Date:2017/04/28(金) 00:37 [ RES ]


東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか(前編)

2017/4/26 ロコレ
対談=M.TAKAHATA、康熙奉(カン・ヒボン)
写真=K.NISHIGAKI


4月20日の午前に第26師団を除隊した東方神起のユンホ。21カ月も待ったファンの歓声が響きわたった。その除隊の様子から見えてきたものは何なのか。本サイトにユンホに関連した記事を書いている「M.TAKAHATA」と「康熙奉(カン・ヒボン)」が話し合った。

肩の荷が下りた感じ

康熙奉(以下、Kと表記)「除隊の挨拶のときは、世界各国からファンが来ていましたが、やはりファン気質は国によって違いますか」
M.TAKAHATA(以下、Tと表記)「国によってある程度雰囲気は違うと思います。でも、『どの国のファンか?』というより年齢層で違ったり、最終的には個人の性格になると思います。熱心に応援する姿は同じだと感じます」
K「ファンの前に現れたユンホはスリムになっていました」

T「確かに身体が薄くなっていましたね(笑)」
K「除隊に、向けて準備をしていたんでしょうね」
T「兵役中は厳しい訓練に耐えられるようにしっかりからだを鍛え、除隊が近くなってからは、からだを絞っていったんだと思います」
K「表情もおだやかでした」
T「ええ。ずいぶんリラックスして見えました。背負っていた肩の荷が下りたような、晴れ晴れとしたものを感じました。やり遂げた思いがあったのでしょう」

つづきはコチラ!

[8549] RE:[対談] 東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか Name:運営者 Date:2017/04/28(金) 00:40


東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか(後編)

2017/4/27 ロコレ
対談=M.TAKAHATA、康熙奉(カン・ヒボン)
写真=K.NISHIGAKI

前回は、東方神起のユンホが4月20日に第26師団を除隊したときの様子について、本サイトにユンホ関連記事を書いている「M.TAKAHATA」と「康熙奉(カン・ヒボン)」が話し合った。今回はその後編だ。

成し遂げたことの裏にある努力

康熙奉(以下、Kと表記)「ファンの前でユンホが除隊の挨拶をしましたが、彼が挨拶を終えて去ったあと、ファンの反応はいかがでしたか」
M.TAKAHATA(以下、Tと表記)「温かい感じでした。無事に除隊を迎えた姿を確認して、また直接ユンホからの挨拶を聞いて、ファンも安心したのだと思います。ゴミ拾いをしている人もいて、当たり前のことかもしれませんが、その行動がとても素敵だと思いました」

K「彼は入隊時に『素敵な怪物になって帰ってきます』と宣言しました。どんなところが素敵な怪物だったと実感しますか」
T「感じ方ははそれぞれだと思うんですが……。まず、軍に服務する者としては、最優秀訓練兵になり、さらに特級戦士にもなりました。軍楽隊のこともしながら、ここまで成し遂げるのは並大抵ではなかったでしょうね。韓国の男性に言えば、みんな一様に驚き、大したものだと感心しますね」
K「そうでしょうね。なによりも、成し遂げたことの裏にある努力に驚きます。努力なくして怪物にはなれない、ということでしょう」

つづきはコチラ!