-IMAGA-《いまんが〜これだけは知っていけ〜》

★東方神起の活動に関する情報や記事、及び、関連すると考えられる訴訟問題、
所属社などについての情報や記事

★コメント書き込みはできません

-IMAGA-《いまんが》



【お願い】面倒でもニュース記事のアドレスをクリックして元記事に飛んでください
閲覧数をUPすることが応援に繋がります(日本ファンができる応援の一つです)

★当サイトはリンクフリーです、記事・コメント等を持ち出す時は出処を記載してください★





[8686] [韓国記事] ユノ・ユノ、転役後、初の日本舞台…王の帰還 Name:運営者 Date:2017/07/16(日) 17:14 [ RES ]


★ビギでも可能な韓国記事応援★

@ 元記事に飛んで閲覧数UP
A Twitter・Facebook等でシェアしてSNSポイントUP
B 「いいね」(親指上)で記事推奨
C 残せる時はコメント
D 良いコメントに「いいね」
(※記事により出来ることは違います)

---------------------

ユノ・ユノ、転役後、初の日本舞台…王の帰還

http://sports.donga.com/3/all/20170716/85373671/1

2017-07-16 10:11:00/スポーツ東亜 [チョン・ヒョジン記者]

東方神起ユノ・ユノ(エスエムエンターテインメント所属)が、転役後、日本初舞台を盛況のうちに終えた。

[8687] つづき Name:運営者 Date:2017/07/16(日) 17:15


ユノ・ユノは去る15日、日本大阪京セラドームで行われた『SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN』に出演して強烈なカリスマが目立つ新曲『Drop』はもちろん、『呪文』、『ウェ』、『We Are!』、『Somebody To Love』など東方神起のヒット曲メドレー舞台を披露、目が離せないパフォーマンスと華やかな舞台マナーで観客たちの爆発的な人気を集めた。

今回の公演はユノ・ユノが、転役後、日本で行われる初舞台で耳目を集中させており、ユノ・ユノが舞台に登場すると、観客たちは一斉に東方神起を象徴する赤色のペンライトを振って歌を歌うなど、あたかも東方神起のコンサート現場を彷彿とさせる熱気を見せ、名実アジアトップアーティストらしい変わらぬ人気と地位を確認させた。

ユノ・ユノは、“約2年ぶりに再び舞台に立つようになって嬉しいし、待ってくれたファンたちに本当に感謝する。 東方神起としてすぐ挨拶いたしますので期待してくださって、これからも多くの応援をお願いする”と所感を伝え、現地ファンの熱い歓声を導いた。

SM所属アーティストたちが一緒に繰り広げる音楽フェスティバル『SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN』大阪のコンサートは16日(今日)まで続く。