《いまんが》   これだけは知っていけ

★東方神起の活動に関する情報や記事、及び、関連すると考えられる訴訟問題、
所属社などについての情報や記事を運営者が掲載いたします

★コメント書き込みはできません

―IMAGA―いまんが/이만가



【お願い】面倒でもニュース記事のアドレスをクリックして元記事に飛んでください
閲覧数をUPすることが応援に繋がります(日本ファンができる応援の一つです)

★当サイトはリンクフリーです、記事・コメント等を持ち出す時は出処を記載してください★




[8725] [韓国記事] 日本東京ドーム10万観客魅惑される『SMTOWN LIVE』現場 Name:運営者 Date:2017/07/29(土) 15:27 [ RES ]


高い関心を立証した。(写真=SM提供)



★ビギでも可能な韓国記事応援★

@ 元記事に飛んで閲覧数UP
A Twitter・Facebook等でシェアしてSNSポイントUP
B 「いいね」(親指上)で記事推奨
C 残せる時はコメント
D 良いコメントに「いいね」
(※記事により出来ることは違います)

---------------------


日本東京ドーム10万観客魅惑される『SMTOWN LIVE』現場[フォトエン]

2017-07-29 09:15/NEWSEN [イ・ミンジ記者]

(抜粋)

『SMTOWN LIVE』の6番目のワールドツアーがソウル、大阪に続き、東京でも大盛況を博した。

『SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN』は7月27〜28日、日本東京ドームで開催された。 二日間、10万観客を動員、アジアを代表するスターたちを大挙登場させたSMのグローバルブランドパワーを改めて実感させた。

今回のコンサートにはカンタ、BoA、東方神起ユノ・ユノ、スーパージュニア、少女時代、SHINee、f(x)ルナ、EXO、レッド・ベルベット、NCT、トラックス、ヘンリー、サンデー、ジェイミンなどSM所属歌手はもちろん、SMXミスティックの『SNOWBALL PROJECT』を通じてNCTマークと呼吸を合わせたパク・ジェチョンも出演した。 4時間30分間50曲あまりの多彩な舞台をプレゼントして熱い反応を引き出した。

東方神起ユノ・ユノの新曲『Drop』舞台も開かれ公演場の雰囲気を高めており、日本でも大きな愛を受けているスターの流暢な日本語で観客たちと上手に疎通しながら公演を率いて注目を集めた。

観客たちは4時間を超えるランニングタイムの間、起立したまま共に歌い、情熱的に舞台を楽しみ、大阪公演に続き周波数で遠隔制御される腕時計型ペンライトを演出に活用、観客が参加して作り出した多彩な色に大規模な公演場の東京ドームを染めてさらに華麗な公演を完成させた。

一方、『SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN』東京ドーム公演は、日本の東京、大阪、名古屋、福岡など全国約50の映画館で公演実況を中継するライブビューイングも進行、両日間6万人の観客が観覧して今回の公演に対する現地の高い関心を立証した。